☆「このページ、便利かも?」と思ったら、シェアして下さいませ~。(願) 運営者、泣いて歌って踊って喜びます~♪
Google+ LinkedIn

このサイトの運営者について

友人の見送り、出迎えの時でさえ、チャンスがあれば、そのまま飛行機に乗ってどこかへ旅立ってしまおうと、空港へ行くときには必ずパスポートを持っていくという、このサイトの運営者とは…?

学生時代、日本国内の近場への小旅行に加えて、二十歳の時にアメリカへの一ヶ月間のホームステイに行ったのを始めとして、ヨーロッパやタイへの海外旅行、そして、旅が好きで、好きで、旅行会社へ就職。

その後も、休暇の度に、シンガポール、マレーシア、香港、オーストラリアへと旅をして、結局、仕事を辞め、世界を舞台にした「人生の旅」を求めて、海外へ飛び出してしまいました。

そのまま、一時帰国を除いては、日本へ戻ることはなく、海外生活も10年を超えました。


ニュージーランドでは、ワーキングホリデー時代に、二ヶ月間掛けて国中をバックパッカーとして旅しました。

ニュージーランドの旅行会社のフィジー支店で、二年間働いたこともあります。

そして現在は、ニュージーランドのクライストチャーチで暮らしています。


2001年10月からは、「なぁでも屋」というビジネスを一人で始め、あらゆることにチャレンジしながら「人生の旅」を続けています。

一人でゼロから始めて早三年。いろんなことを試す期間を終えて、そろそろ、今後のビジネスの方向性をはっきりと決めなければと思いつつ、「これだっ!」という決め手が見つからず、ああでもない、こうでもないと考えていたその時っ!


思い出したんです。私は、「旅が好きで、好きで」たまらなかったことを。

自分で計画を立てて、自分で手配して、自分で自分の旅を楽しむ。

旅の途中に今まで全く知らなかった国や言葉や習慣、そして、いろんな人たちと出会って、物事にはいろんな見方や考え方があることを学んで、成長してきた自分がいることを。


旅の前も、旅の途中も、旅の後も、旅に魅せられていた自分を。


そんな「旅が好きで、好きで」という自分を思い出した途端、不安や迷いが消えていきました。

今後のビジネスの方向性がはっきりと見えたわけではありません。ただ、今まで日本、フィジー、ニュージーランドの旅行業界で働いた経験やプライベートでの旅から得た知識を生かしつつ、旅に関わり続けることの出来るサイトを持つことは、私にとって必要だと感じました。

同時に、このサイトが、私と同じように、「旅が好きで、好きで」という皆さんの少しでもお役に立てれば、こんなに嬉しいことはありません


いくつになっても落ち着くことのない「旅人人生」に、不安や焦りを全く感じないと言えば嘘になりますが、夢も希望もチャレンジ精神も、年を追うごとに増え続けています。


このサイトを「なぁでも屋」としてのメインプロジェクトに新たに加えたことにより、「旅が好きで、好きで」という想いから、旅行会社に就職し、常に旅に触れ続け、挙句に海外に飛び出してしまった自分の原点を忘れることなく、今後も「人生の旅」を続けていきたいと思います。

2004年10月 サイト運営者 Naoe